株主君V2.1〜株式グラフ表示プログラム〜

このプログラムは、株式データをグラフ表示するものです。日単位、週単位、月単位でグラフを表示することができます。 データの入力は、必要に応じて新聞等から入手し、入力する必要があります。

・注意事項
Windows95,98,Me,NT,2000用です。
1.株主君を使用して発生したいかなる損失も保証できませんのでご了承ください。
2.付属しているサンプルデータは、作者が個人的に入力し作成したものです。データの正当性については確認しておりません。
・V2.0への変更点
1.VC++から、WindowsAPIへ変更するため、全面的に作成しなおしました。画面もMDIでなくウィンドウが複数表示されます。
2.マウスドラッグで表示範囲を移動できます。
3.データに出来高とコメントを追加しました。(グラフ表示はできませんので、直接ファイルを参照してください。)
4.kabu.txtファイルにファイル名を記録しておくと、実行時に自動で開くことができます。(サンプル付属)
5.保存ファイルに銘柄コードを追加しました。ファイル名、社名を変更しても、銘柄コードで同一銘柄と判定します。(整理機能時)
6.インストールはコピーするだけにしました。アンインストールは直接ファイルを削除してください。
・V2.1への変更点
1.株価アラーム機能の追加。ファイルに条件を指定してアラームを表示できます。
・インストール方法
ダウンロードしたファイル「kabu_setup.exe」をダブルクリックして実行してください。解凍とインストールが実行できます。 その前に、旧バージョンの「株主君」は削除してください。
・アンインストール方法
インストール時に作成されたディレクトリやファイルを、エクスプローラで削除してください。 デフォルトでは、[C:\Program Files\SelWorld\株主君]にインストールされます。
・使用方法
ファイル->開くで株式データファイル(*.kab)を選択してください。株式データファイルはテキストファイルです。メモ帳等でも編集可能です。
デフォルトでは、今日までのデータが日単位で表示されます。過去のデータや週単位、月単位の データを表示する場合は表示設定ウィンドウで設定を変更してください。
データを入力する場合は「データ入力ウィンドウ」で入力します。始値、終値、高値、安値の4つのデータを入力してください。
・各メニューについて
[ファイル]-[新規] 新規ウィンドウを作成しデータを読み込みます。
[ファイル]-[読込] 現在のウィンドウにデータを読み込みます。
[ファイル]-[追加読込] 現在のデータに読み込んだデータを追加します。2つのファイルを合成する場合に使用できます。
[ファイル]-[保存] 現在のデータをファイルに保存します。通常、*.kabの名前で保存してください。
[ファイル]-[上書き保存] 開いたファイル名で上書き保存します。
[ファイル]-[プログラムの終了] 全ウィンドウを終了します。
[編集]-[データ入力] データを入力します。
[編集]-[表示設定] 表示範囲を変更します。
[編集]-[並べて表示] 全ウィンドウを画面上に再配置します。
[編集]-[整理] 株主君.exeのあるディレクトリ内の全ファイルを読み込み、同じIDのファイルをまとめ、再セーブします。
・為替データについて
為替のように少数点があるデータは入力できません。値を100倍するなどして入力してください。 値に小数点を入力することはできません。 また、グラフの上方向が数値の大きい方を示します。米ドルレートの場合は、グラフが上に行くほどドル高になります。 上下を変更することはできません。
・その他
サンプルデータに各社を選択した理由はありません。このデータは、作者の手入力によるものであり、 内容は保証されていません。
動作不良、質問などはメールにてご連絡下さい。ご意見やご希望などもお待ちしております。


ダウンロード V2.1(2001/09/08) 417Kbyte
リンクをクリックしてダウンロードし、ファイルを実行してください。
作者が持つサンプルデータをメールにてご提供致します。
銘柄コード、または社名を記入してselworld@selworld.comまでお送りください。
ただし、東証1部のみ、あくまでサンプルなので、データの中身の保証はできません。数日中にお送り致します。
作者が収集していない銘柄や、未収集の日がありますのでご了承ください。

ゲームの世界、童話の世界。いろんな世界のホームページ。
selworld@selworld.com